酵素ダイエットで痩せない理由

酵素ダイエットは比較的評判のよいダイエット方法ですが、一部で酵素ドリンクを飲んでも痩せないという声が聞かれます。
口コミでは痩せたという声がある一方、効果がないと嘆いている人のためにその理由を明らかにしたいと思います。
まず何故酵素ドリンクを飲むことで痩せることができるかというと酵素の働きで代謝が向上するからです。
人間の体内には元々潜在酵素というものが存在し、人間の生命活動を維持する上で重要な役割を果たしています。
この酵素は消化酵素と代謝酵素の2種類がありますが、体内に蓄えられる酵素には上限があり、年齢を重ねたり、食物の消化によって消化酵素を浪費すると、相対的に代謝酵素が不足するという関係にあります。
代謝酵素が不足すると、体の基礎代謝が低下するため、体内に脂肪が溜まり、痩せにくい体になるというわけです。
そこで酵素ドリンクを飲むことにより、体外から食物酵素を摂取することで、不足した代謝酵素を補助し、基礎代謝が向上します。
その結果痩せやすい体になるというわけです。
ではなぜ酵素ダイエットによって痩せない人がいるかというと、酵素の働きを上手に生かせていないことにあります。
大抵効果があったという方は置き換えダイエットや断食という方法を使って酵素ダイエットを行っています。
置き換えダイエットとは、食事をダイエット食に置き換えるダイエット方法ですが、酵素ダイエットは食事を酵素ドリンクに置き換えて飲むという方法です。
また断食では2,3日食事をしない代わりに酵素ドリンクを飲んで不足する栄養を補填します。
つまり、置き換えや断食をせずに酵素ダイエットは成り立たないということがいえます。
食事を酵素ドリンクに変えることにより、相対的に摂取カロリーが抑えられます。
そのため、ただ酵素ドリンクを飲んでいるだけで痩せるというわけではないのです。
このことから酵素の効果によって痩せるというわけではなく、あくまで置き換えダイエットや断食の補助を行っているというのが酵素ダイエットといえます。
酵素ダイエットの比較ランキングはこちらもご覧ください。